妻が夏祭りの夜、子供の友達の父親に露出、羞恥プレイをさせられていた

季節は夏!
至る所で、夏祭りが行われている。
私の住む街の、商店街も恒例の夏祭りが行われていた。

私30歳、妻27歳、子供5歳(男)も、夜の祭りに出掛ける準備を行っていた。
子供と妻が着替えを済ませ、寝室から出て来た。
妻は、夏らしく涼しげな白いワンピース姿だった。
薄ら透ける白い生地の下に薄らと水色のブラジャーが見える。
友人にもよく、綺麗な奥さんだねって言われる位、まぁ美人だ。
スタイルも良く、胸はDカップ程ある。
若干下半身が太めだが、それが大人の女性の魅力を引き立たせる。

車で数分走った所で、指定駐車場に止め、歩いて歩行者天国に出た。
多くの人で賑わい中々前に進めない。
道を囲む様に出店が軒を連ねていた。
子供は、そんな露店に目を輝かせ、焦る様に手を引いて歩く。
私も後を追う様に、付いて行くと行き交う女性に目が行く。
若く、露出の多い服装に男性なら当然目が行ってしまう。
中には、露店の隙間に座り込み食べ物を食べる人も多く、祭りの雰囲気のせいか?
スカートの中は丸見えだった。
男にとってこれ程、堂々とジロ見出来る機会は無く、私は興奮していた。

子供と一緒にクジ引きの店に寄ると、そこは子供が大勢並んでいて一緒に大人も付き添っている。
みんな同じ何だと思いながら、子供の笑顔を見ていた。
ふと、横を見ると30代の女性が待ちつかれたのか?
屈んで店の横に座っていた。
ミニスカート姿だったので、太股の間には、白いパンティが見えていた。
しかも私の位置からは、胸元から見える谷間が結構奥深くまで見える。
興奮しながら見入っていると、子供が3等のゲームを当て喜び
”パパ当たった!”
と言われ、我に返った。
妻共々、喜びながら先を進んだ。
(もっと見ていたかったが、そうもいかない)

ふと、視線を変えて辺りを観察すると、私同様多くのお父さん達が女性物色を楽しんでいるのが分かった。
祭りの力は凄く、多くの女性に露出心を与えるのか?
そんな時、子供が
「ハル君だ!」
と言い一軒の店の方へ走って行った。
後を追いかけると、子供と同年代の子供が手を振っていた。
「誰だ?」そう思いながら、近づくとその露店の子供らしく、ちょっと怖い感じの父が
「お~ショウか?」
と言い私の子供を知っている感じだった。
何となく、頭を下げると向こうも他所他所しく頭を下げて来た。
気まずい雰囲気の中、様子を伺うと、かき氷を売っている様で、夜ともなると売れ行きが悪いのか?
機嫌が悪い感じだった。
露店はクジ引きや飴・綿あめ・焼きそばなどは良く並んでいたが、ここの店には一人として誰も来なかった。
子供達は、店の辺りを走り回り楽しんでいたが、私と店主の重苦しい空気が流れ、早く立ち去りたい感じだった。
そんな中、店主の友人だろうか?
(やっぱり柄が悪い感じ)
女性数人と現れ
「お~売れてるか?」
と水を指す感じだった。
女性達も知り合いなんだろうか?
店主に抱きつき
「久しぶり・・・頑張って」
とベタベタしていた。
明らかに奥さんでは無い感じだったが、こんな公衆の場で・・・。
彼らも居なくなり、また重い空気が流れた。
少しすると、妻がようやく歩いて来るのが見えたので、
「こっち!」
と声を掛けた。
私に気づいた妻が近寄ってくると、
「あ~どうも」
と店主に頭を下げていた。
顔見知りなのか?
まぁ子供が知り合いなら当たり前か!
そう思っていると、店主が妻に近づき始め
「奥さん、相変わらず綺麗ですね。」
「そんな事ありませんよ」
そう言いながら顔を赤らめていた。
「かき氷おごりますよ」
そう言って2つ作ると、私と妻に渡して来た。
妻と店主が色々話し始めていたが、子供の姿が見えなくなった事に気づき私は、辺りを探し始めた。
店の裏手の広場で、数人と遊ぶ子供を確認すると、店の方へ戻った。
店の陰では、相変わらず妻と店主が話をしていたが、よく見ると男が妻のお尻をスリスリしていた。
あまりの出来事に、その行為を見入ってしまった。
男の行為はエスカレートし始め、妻のスカートが捲られ、パンティの上からマンコを触る感じだった。
妻も、モゾモゾと抵抗している感じだったが、辺りの人に気づかれたら大変と思っているのか?
声は出していない。
店の前からは、カウンターで見えないと思う、後ろ側は通行人も居ないし夜で、気づく人は少ないと思う。
店主も、強張った顔で辺りをキョロキョロしながら確実にマンコを摩っていて、声を掛ける事も出来なかった。
荷物の掛けから、妻を見守り様子を見ていた。
パンティのサイド部分から指を這わせ中に入れ始めたんだろう。
妻の体がビクビクしていた。
男もニヤニヤし始め、妻のマンコを堪能していた。
その時、珍しく客が現れかき氷を作り始めた。
妻が店主から離れようとすると、
「あ~氷作って!」
と妻に言い、イヤイヤ妻が氷の機会を操作していた。
店主は、下に置いてあるシロップを取ろうとしゃがむと同時に妻のパンティを一気に足元まで下げた。
慌てる妻!は氷を容器からこぼして客に
「氷、こぼれているよ」
と指摘され、
「あっすいません!慣れてなくて」
と答えていた。
店主が足元からパンティを剥ぎ取るとポケットにしまい、シロップを取り氷に掛けていた。
客に氷を渡すと、店主はまた妻のスカートを捲りマンコを触り始めていた。
指を咥え、声を我慢する妻!
店主は指を激しく出し入れを繰り返し、妻の汁が男の手を伝って流れ、途中から糸を引きながら落ちていた。
膝をガクガクさせながら必死に立つ妻を横目に、店主はワンピースを腰のあたりまで持ち上げると固定した。
そんな状況になると、何故か客が現れる。
今まで、誰一人立ち寄る事が無かったのに・・・。
妻はそんな淫らな格好で、接客を始めた。
「イチゴミルクとレモン2つ」
「はい」
そう言って、慣れない手つきでかき氷を作る妻だった。
店主は、そんな妻のマンコを指で刺激し、クネクネと下半身を動かす妻がヤケニ色っぽかった。
エッチな汁は太股を伝って流れ、それを指にすくうと店主は仕上げのストローに汁を塗り客に出した。
客はお金を支払うと、ストローに口を付け店先から消えた。
妻は、顔を赤らめながら彼を見つめていた。
店主が妻の足元にしゃがみ込むと、お尻の方から顔を埋め、マンコを舐め始めた。

妻も、必死に店主の頭を押えたが、彼の力に負け受け入れるしかない感じだった。
数分舐め続ける店主が、立ち上がると妻のブラジャーのホックを外し、脱がせ始めた。
嫌がる妻に耳元で何かを囁くと、妻は大人しくブラジャーを外した。
白いワンピースが店先の明かりに照らされ、妻の乳首が浮き上がっていた。
そんな姿で、妻はただ立ち空くしていると、また2人の男の客が現れ、妻の姿に気づいたのか?
ジロジロ胸の辺りを見ていた。
「ブルーハワイ2つ!」
そう言って彼らはずっと妻を見つめていた。
店主は、相変わらず妻のマンコを舐め、刺激を繰り返していた。
かき氷を渡すと、男達が
「奥さんエロいねぇ」
と言い始めた。
店主が立ち上がると、びっくりした顔で男達が硬直した。
「お客さん、お買い上げありがとう」
そう言うと、店主が妻のワンピースをさらに捲った。
慌てて手で押さえる妻だったが、男達にはすっかり妻の全裸が見えたに違いない。
凝視する2人に
「サービスねぇ、また来て」
と店主が言うと彼らもそそくさと暗闇に消えて行った。
ただ、茫然と見ている私。
妻が拘束され1時間位経っただろうか?
店主が妻のワンピースを戻すと、妻を店の横に押した。
その直後、店主の奥さんらしき女性が現れ
「貴方!売れたの?」
と聞かれていた。
「あら、ショウ君のお母さん!久しぶり」
「あっどうも、子供達遊び始めたからここで待ってるの?」
そんなタイミングで子供達も戻って来たので、私もどさくさに紛れて店先に向かった。
少し話し、
「それじゃ」
と妻と子供の3人で、店を後にした。
ドキドキしながら歩き、暫くしてやっと冷静になった時、気づいた。
妻は、下着を付けていない・・・。
行き交う男が妻をジロジロ見る。
急ぐ様に、車に戻ると祭りを後にした。
家に戻り、子供が寝た後で
「何で下着付けていないんだ・・・」
と聞くと
「ん~忘れた!」
と誤魔化す妻!!!
「ちょっと見ちゃったんだ」
と言うと
「だって怖かったし・・・彼有名でしょ」
と答えた。
詳しく聞けば、彼に逆らった夫婦が離婚!
子供も不良になったとか・・・。
彼は地元でも有名で、逆らわないのが一番だと言う。
妻は、必死に謝って来たが、一番悪いのは私で・・・
お互い無かったことで同意!
激しく抱き合い忘れる事にしました。

店主とは、その後会ったことがありません。
子供も、別な子供と仲良くなりヒロ君とは・・・・。
去年の夏祭りに露店主に弄ばれ1年が過ぎようとしている。
あの祭り以降、息子も遊ぶ仲間が変わった様で、その両親(店主)を見かける事も無かった。
ホットする反面、妻のエッチな姿が忘れられない私は、内心モヤモヤしていた様な気がする。

そんなある日、息子が
”ハル君の家に遊び言って来たんだ”
と妻に報告していたんです。
”ハル”と言う名前に妻も驚いた表情を浮かべていました。
もちろん私もドキッとしたんです。

振り返る様ですが、私は31歳、妻28歳、子供6歳になりました。
妻はスタイルも良く、胸はDカップ程ある。
若干下半身が太めだが、それが大人の女性の魅力を引き立たせる。
当時息子の友達の中にハル君と言う子がいました。
彼の父親は露店主で、地元でもちょっと有名な怖い存在でした。
夏祭りに偶然出会い、妻は彼にカキ氷販売を手伝わされながら、客の前でも体中を弄ばれたんです。
妻は
”怖い人と聞いていたから変に抵抗したら何されるか分からないでしょ?仕方なかったのよ”
と言っていますが、本当にそれだけだったのか?
は疑問です。

息子は、その後も何度かハル君と遊ぶ日が続き、その名前を聞く度に去年の祭りが思い出されたんです。
そして、息子と妻の会話に私は胸騒ぎと同時に変な妄想をしていました。
「ママ?明日も一緒に行こう?」
「えっ、そうね?」
「ママの料理美味しいって言ってたよ」
「そう?」
妻は私の方をチラチラ見ながら何故か息子との会話も小声だったんです。
「あ・ハル君のパパもママの事凄い綺麗な人だって言ってたよ」
「そ・そう」
「ママ、僕がハル君の部屋で遊んでいる時、何してたの?」
「・・・何も・・・」
明らかに焦る妻は、俺の方を見る事も無くその場から居なくなりました。

その後、妻と2人になった時、ハル君の家に行った事を尋ねたんです。
「お前!ハル君の家に行ったのか?」
「え・・・えぇ~」
「何しに行ったんだよ」
「あ・あのね!ハル君のお母さんが体調を崩して寝ているって聞いて・・・だから見舞いに」
「そんな仲良かった?」
「去年はいつも一緒に遊んでいたでしょ!良く公園で話したりしてたのよ」
「ん~」
「だから大変だと思って、料理を作ってあげてたの」
何となく説得力の無い説明に、疑問もあったんですが、その場はそれ以上詳しく聞くのをやめたんです。
数日が過ぎ、私が息子と一緒に風呂に入っていると、息子が今日の出来事を話していました。
「ハル君のお父さん、風船でいろんな形の動物や植物作るの上手いんだよ。今日、キリンとライオンを作って貰ったんだ!」
「ん~風船アートだな!今年はお祭りで売るのかな?」
「それは分からないけど、作り方教えて貰ったんだ!ハル君も凄い上手いんだよ」
「そうか!お父さんに似たのかな?」
「そうだ!ママも上手だったよ」
「ママ?ママもハル君の家に行ったの?」
「ご飯を作るって・・・」
「ハル君のお母さん、まだ体調悪いのか?」
「ん~ん!ハル君のお母さん実家に帰ってるって言ってたよ」
「じゃ、家にはいないの?」
「ん~いつもお父さんだけだよ」
凄い嫌な予感がしました。
妻は何故嘘をついているのか?
直ぐにでもハッキリさせたかったんですが、何故かその時は、話す事が出来ませんでした。
風呂から上がり、髪を乾かす妻の後ろ姿を見ながら他人に抱かれる姿を想像していました。

そして、夏祭りの数日前、妻が出店の手伝いをすると言い出したのだった。
「本当か!何で」
「奥さん手伝えないから、是非って・・・」
「お前1人だけか?」
「ん~そうだけど、お金もお貰えるし・・・駄目?」
「駄目じゃないけど・・・」
「子供達は近くで遊ばせてるから・・・」
「そうか?分かったけど、もし・・・」
妻が直接言えないのなら、この目で確認するしか無いと思ったんです。

夏祭り当日、妻は浴衣姿に着替え息子を連れ出かけて行きました。
夏祭りはお昼から夜9時まで行われ7時半から花火が打ち上げられる予定だった。
夕方6時を過ぎ、気温も徐々に下がり始めた時、私も着替えを済ませ祭り会場に向かった。
歩行者天国にされた道路沿いには多くの出店が軒を連ねていました。
多くの人が訪れ、行き来も間々ならない状態の中、人を掻き分け妻達の姿を探しました。
本道から少し外れた所にで、カキ氷を売る妻を見つけました。
今年は、カキ氷とキラキラ光る飾り物が売られ、妻の横にはガラの悪いハル君の父親が寄り添う様にたっていたんです。
店側の裏手に回り、店の様子を伺っていると子供達が店の裏手の空きスペースで遊んでいました。
昼間の暑さで、カキ氷はバカ売れだった様で、店の裏側にはカップを入れていた段ボールが山積み状態でした。
去年は夕方からカキ氷が売れなくなったので、その代わりに夜に目立つキラキラ光るアイテムも販売したと思われた。
カキ氷も徐々に売れなくなると、ハル父は妻にバニーの耳(光る)を手渡し、付けさせたんです。
浴衣姿の妻が、凄く可愛く見えます。
辺りもどんどん暗くなると、子供連れが見せを訪れ光るアイテムを買い始めていました。
そんな時です。
遂にハル父が妻の腰に手を廻し、お尻をスリスリ始めたんです。
妻も一瞬、ハル父を見ましたが直ぐに客の対応をこなし始めていました。
徐々にハル父の手は厭らしく動き、妻の浴衣の裾が上に巻き上げられるのが分かりました。
辺りを見渡しながら、ハル父は手を浴衣の中に入れ、妻のアソコを触り出したんです。
アソコを弄られながらも妻は接客を続けている姿に、私の股間も熱くなっていました。
”やっぱり、ハル父にエッチな事をされていたんだ”
そう思うと何故か興奮する私。
いつの間にか、子供達も出店に買い物に出掛けた様子で、裏手には誰も居ません。
その時、ハル父が光る腕輪を妻の両手・両足に付けると更に、大きな輪を作り始めていました。
そして、妻の浴衣の中に両手を入れると、一気にパンティを引き下ろしたんです。
慌てる姿の妻が手を後ろに廻したんですが、直ぐに払いのけられ、あの大きな光る輪を太腿の付け根に廻されたんです。
浴衣の中で光る輪が厭らしく見える光景でした。
その後も、ハル父は妻の浴衣の中に手を入れ、アソコを捏ね回していたんでしょう!
妻は時より気持ちいい表情を浮かべ必死に我慢するのが分かりました。
その内に、光る大きな棒を取り出したハル父は、その棒を浴衣の中に忍ばせアソコにズコズコと入れ始めたんです。
浴衣の外からも光る棒が妻の股下中央に上下するのがわかります。
ハル父はそんな妻の姿を後ろから見て楽しんでいました。
”ヒュ~ン・・ドォ~ン”
花火の打ち上げに、人々は空を見上げていました。
そして、多くの人が花火の見える河川敷に動き始めたんです。
多くの人で賑わっていた歩行者天国は一気に閑散とし、店先には殆ど客が居なくなっていました。
凄まじい花火の音と綺麗な花火に目を向けていた私が、ふと店裏に目を移した時、妻はハル父の目の前にしゃがみ込み、アレを咥えていたんです。
離れた位置からも、ハル父の物は凄まじい大きさである事が分かります。
店には客も無く、辺りの人達は皆花火に夢中で、誰も気づくものは居ません。
このままでは、ハル父は出店裏で妻の中に入れるに違いなく、どうするべきか?
私の中で葛藤があったんです。
そんな事を考えていると、
二人は裏に移動しました。
私は店先に立つと裏から”パンパン”と音が聴こえます。
「すみません」
というと裏からハル父が顔だけ出しました。
「ここだったんですね!」
驚いたハル父が
「もう!見せ終いです。客が花火に移動したので・・」
その言葉の後、顔を引っ込めると同じ所から妻が、
「あっ、なた!遅かっ…たのね!」
と顔だけ出して言いました。
言葉が途切れ途切れで、音に合わせて揺れているので裏では嵌められてるのかもしれません。
「もう終りだろ!花火見に行かないか?」
「え・・・・」
「良いですよ・・・折角だから行って来て下さい。旦那さん!こっちの片付けもうすぐ終わるんでそこで待ってて下さい。」
裏からハル父が言うと音が早く激しくなりました。
「あっ、あなた…ちょっと待ってて」
というと妻も顔を引っ込めます。
しばらくすると音が止み、二人は出て来るとハル父が、
「後は私で片付けますから」
と言いました。
妻の手を引き、本道から外れた空き地で妻と向き合ったんです。
妻は、太腿に光る輪を付けられた状態で、何とも淫らな格好です。
「あなた・・・本当にごめんなさい。私・・・」
その後、妻は全てを語ってくれたが、内容はほぼ予想道理だった。
妻の話から、ハル父に3度抱かれ何度も悪戯をされていた事は明確だった。
息子がハル君と遊び始めたのがキッカケで、偶然にもハル母が家を出て行った事が重なり妻が性的ターゲットになったんだと思う。
涙ながらの妻の浴衣を捲り上げると、太腿に光る輪とアソコに入れられ固定された光る棒が生々しく、刺さっていました。
その光るアイテムを私はそっと外しマンコから流れる精子を見ながら、妻のアソコの毛が無くなっている事を知りました。

祭りから1週間が過ぎ、妻はもうハル君の家には行っていない様です。
パイパンのマンコを弄りながら、妻にハル父とのSEXの状況を話せながら毎日楽しんでいる私です。
関連記事
1
1
「NTRなどのアブノーマルなプレイをしたい」「他人の妻を寝取りたい」人には絶対おすすめ

現実に妻や彼女を寝取られるのはちょっと・・・という方がほとんどではないでしょうか?
そんな方にはアブノーマルな関係のパートナーを見つけるのが、手っ取り早くて一番安心ではないでしょうか?
あなたの非日常のエッチな願望を満たしてくれるパートナー探しなら、目的別のマッチングサイトで同じ目的のパートナーを探すのが確実です。

「すぐ会いたい」などのアダルト掲示板がすごい!中には「寝取られ希望」等の書き込みも?!

サイト内のアダルト掲示板には色々な目的の書き込みが多数あります。
アブノーマルなプレイや、寝取られプレイなど、普段なら人には言えない性的趣向の人がたくさんいらっしゃいます。
アダルト掲示板は無料(詳しい内容を見るには年齢確認とポイントが必要)で見ることが出来ますので、一度覗いてみて下さい。
また、メルマガにてポイントが貰えることが有りますので、今は利用しなくても登録だけでもしておくと良いと思います。

老舗の優良サイトですので、もちろん『年齢認証』があります。
18歳未満の方はサイトを利用する事が出来ません。
利用する際には身分証明書での『年齢認証』をしっかり済ませてから利用しましょう。

コメント

非公開コメント

ページトップに戻る▲