真面目な妻に「一度でいいから・・・」と乱交をお願いした。

2014/11/15カテゴリ:スワッピング
長年、妻を他人に抱かせたい願望がありました。
もちろん了解してもらえるはずもありません。
ただ日々が過ぎていきました。

決してエッチが嫌いな方ではないのですが、真面目な妻ですので、
なかなか了解してもらえなかったのです。

「一度でいいから・・・」とお願いしていたのに根負けしたのか
「そんなに言うなら一度だけよ!」と遂に了解してくれたのです。

先日、私達夫婦を交え、もう一組のご夫婦、単独男性一人を交えての、
衝撃的なプレイを初めて体験しました。

色白で、豊満な妻の肉体はアラフォーですが相当魅力的だと思います。
妻にとっては、私以外の男性経験はないようでした。
当然複数のプレイなど、このような刺激は初めての体験なのです。

最初は私とお相手の奥さん、
妻と二人の男性と言う形で進んで行くことになりました。

お相手の奥さんがとてもステキな方でした。
妻とは正反対のスレンダーな肉体の持ち主です。
ちょっと肌が黒めのアラサー世代です。
正直とてもラッキーという感じで、
やや自分のことで興奮していました。

妻の方はと言うと初めての3P体験という事もあり、
最初は淡々と、と言う感じだったようでした。

二人の男性に愛撫されているうちに、徐々に妻の声も高鳴って行くようでした。
意外でもあり、不思議な興奮を感じていました。

やがて、私の心も気もそぞろという感じで、
せっかくステキな奥さんとのプレイも集中出来ません。
あんなに期待していたのに、本番を迎えると、理性的な自分がそこにはいたのです。

一人の男性にフェラさせられながら、
もう一人に大きく脚を開かされクンニされる妻。
嫉妬と興奮、なんともいえない不思議な興奮の状況でした。
妻の顔も徐々にピンク色に染まり始めます。
徐々に顔の相も緊張から興奮の目つきに変わってきているようでした。

正直、妻への愛しさが入り交じり、複雑な興奮感でいっぱいでした。
そんな私の気持ちを察したのか、手、口で私のモノを相手の奥さんは愛撫しながら、

「どぅ、自分の奥さんが他の男性に感じて行く姿は?」とか
「そろそろ本当に奥さんやられちゃうよ」とか

少しサディスティックに私を責めたてます。
しばらくすると隣りでは一人の男性が妻の上に乗り抱きしめていました。
その声は小さな声でした。

「アッ、アッ、ア・アァ~ン」

なんともいえない妻の声が聞こえてきました。
初めての男性に抱かれて感じている妻、
男性の動きに合せ、妻のあの声も徐々に高鳴っていくのです。

フェラさせていた男性が唇を求めると、
なんと、まるで恋人同士のように、
男性の首に手を回し、舌を絡ませながら抱かれていきます。
そして、ついには挿入です・・・

「はあぁぁ~ん・・・あぁ~ん・・・だめぇ~~・・・」

クチョ、クチョ、クチョ、となんとも言えない卑猥な音が耳につきます。

「あぁ~、ダメダメダメぇ~・・・いくいくいく~~」

遂に他の男性に抱かれ、激しく絶頂を迎えます。
一人の男性がイクと自然なごとくに次の男性に抱かれ始めました。

その後の妻からは、私の見たことの無いまぶしくも艶めかしい
魅惑的な女でした。
すごく、興奮してしまいました。

家に帰って妻を激しく抱いたのは言うまでもありません。

「またシテみたい?」と妻に尋ねると恥ずかしそうに無言で頷くのです。
こんなに可愛らしい一面があるなんて、感激と興奮が入り乱れます。

「ごめんなさい、すご~く感じちゃったの」と顔を赤らめながら答える妻。
次の計画は・・・と心の中で考える反面、
ものスゴ~イ嫉妬感、とても複雑な興奮です。

家に帰って来てからは何度も妻を激しく抱き、
妻もまたそれに素直に答えてくれました。

私の目の前で他の男性に抱かれ感じて行く姿、
前後から二人の男性に責められ男の”かわいいオモチャ”のようにされた妻、
激しくアソコをクンニされ、

「おまんこ、きもちいいの~」

と卑猥な言葉を我を忘れて叫んだ妻。
いろいろな記憶が私の頭の中に甦り、
私の頭は興奮と屈辱と混乱でグチャグチャになりました。

妻に「また、あれややろうね?」と聞くと、
恥ずかしそうに「うん」と答えてくれました。
関連記事

コメント