温泉で酔った勢いで体格の良い三人の男性に押し倒された

2014/10/13カテゴリ:妻の告白
Y子夫婦と物静かな旅館に温泉旅行に行った時のことです。

私たちの部屋での夕食の時から、旦那たちはハイピッチでお酒を飲み10時には二人ともダウンして爆睡状態。

Y子と私はせっかく温泉に来たので夜を楽しみにしていたのに不満たっぷり。

暇を持て余し、お風呂へ。

露天風呂にゆっくり浸かり出て来ると、入口付近のソファーでタバコを吸っている日焼けした体格の良い三人の男性に、

「風呂上がりの一杯どうですか?酒を買いすぎて。一緒に飲んでください!」

部屋に戻っても旦那たちダウンしているし、もう少し飲みたい雰囲気だったのでテーブルがお酒でいっぱいの彼らの部屋へ。

泊り込みで工事現場での仕事をしていて、久々の休みで温泉へ来たとのことでした。

ビールで乾杯した後は、日本酒でした。

すぐにHな話になり男性たちは暫らくご無沙汰なので、

「チョットでいいんでオッパイ見せて!」

お酒で少し大胆になり、見せるだけならと思いノーブラの浴衣の胸をはだけました。

すると前にいた男性に力ずくで押し倒され、あっという間に全裸に。

Y子は二人に抱きかかえられ布団へ。

抵抗しましたが腕力に負けて、ご想像の行為を。

「大分、溜まっているから」と数分で私たちの身体に次々と大量に放出。

怒って部屋を出ようとすると

「今度はじっくりするから」。

代わる代わるの挿入で大きな喘ぎ声を出してしまった私たち。

その内にY子の叫び声「ダメー!中は!」見るとバックの体位で腰がひくつく男性がいました。

私の方は腰をがっちりつかまれての行為、もう一人には口をふさがれ。

すると「ウオー!」唸り声と共に中からあふれるほどの量を、ほとんど同時に口の中が液体でいっぱいに。

むせながら

「エッ~?!中に出したの?どうするのよ~!」

泣く振りをしました。

「御免、御免」

男性たちがニヤニヤ謝りながらまたY子と私に挿入してきました。

腰が抜けた状態でやっと自由に。

私たちはお風呂できれいに洗い、5時頃部屋に戻りました。

何も知らない旦那たちは爆睡していました。
関連記事

コメント