あなたなのよ、浮気してもいいよって言ったの

毎年、夏休みは女房一人で海の近くの実家に帰ります。
そして、昔のボーイフレンドと海にいったり温泉に行ったりして遊びます。
当然、セックスもします。
一年ぶりの再会で二人とも燃え上がり、夏の短い間だけの夫婦になります。
「昔のボーイフレンドたちどうしてる?」
「Kくんはまだ結婚してないみたい」
女房とKは1年ほどつきあっていて結婚するつもりだったのが、私がさらっていったという過去があります。
女房としては両方と結婚できたらいい、というのが本音だったようです。
私と一緒になって良い女房になってくれましたが、Kにも未練を残したままだったようです。
といっても、Kがはじめての男ではありません。
Kとは精神的、肉体的に相性が良かったようです。
いま、女房は30歳を過ぎ、女盛りをむかえ、年ごとに深く感じるようになってきてる、と言っています。
最近の彼女はセックスの時、まるで別人で淫乱女のように狂っていきますが、次の朝は平然と、そんなことあったかしら、というような普通の女に戻っています。
何年か前のこと「浮気してもいいよ」と言ったら、
「ホントにしたら嫉妬深いあなた、怒るにきまってるのに」
「オレのまわりでやられたら困るけど、田舎でなら誰もわからないから・・・Kはどうしてる?」
こういうことを言いながらも私の胸はズキンと痛みが走ります。
最初はためらっていた女房ですが、浮気を公認されて、今では夏の年中行事の一つになっています。
夏が近づくと女房はそわそわしはじめま、心は少しずつKの女になっていきます。
そして、私は不安と嫉妬で胸が苦しくなっていきます。

今年は二人で山の温泉にいったそうです。
「いつも手を繋いで仲のいいご夫婦ですね、なんていわれたのよ。」
ホテル中に女房のすすり泣くような声が響いて、同宿の人達は聞き耳をたてていたに違いありません。
前にベッドの中で聞いたことがあります。
「Kの大きかった?」
「何いってんの、大きさなんか関係ないのよ!男って気にするのね・・・
でもちょっとね・・・たぶん・・・リッパだと思う・・・・」
よせばいいのに私のことが心配なのか途中で電話してきます。
「どうしてる?元気?これからボート乗りにいくところ」
人なかで昔の男と夫婦気取りで楽しんでいると思うとたまらない気持ちになっていきます。
女房の話によると、今年の夏はいつもとは少し違っていました。
「私ね・・・浮気しちゃったの・・・」
「Kとは浮気してもいいよって言ったじゃない」
「違うのよ!全然知らない人」
「Kじゃないのか?」
「だってあなた浮気してもいいって言ったじゃない!」
「そりゃ言ったけど・・・」
「Kには内緒なの・・・絶対怒るに決まってるから・・・あなたは怒らないでしょ?
・・・道、聞かれて・・・山の方、連れてってあげたの。
そしたらいきなりもの凄い雨と雷で、小さな小屋に避難したの。
怖いからその人の側にくっついてたらね・・・なんか自然にそうなっちゃった。
私が誘ったのかも知れないけど・・・なんかすごーくしたくなっちゃったの。
全然知らない人と二人でいるんだと思ったら・・・ドキドキして・・・
抱きついちゃったのー・・・・下だけ脱がされたら・・・
私、すごく・・ス・ケ・ベ・って感じになって。
彼の方もびっくりしたと思うけど、まさかこんなとこで脱いじゃうなんて・・・
・・・それが、その人女を知ってるっていうか・・・最高に濡れちゃった。
誰もいないし、誘拐されて犯されてるって感じ・・・わかるでしょ?
おまけに久しぶりに浮気してるって感じも・・・・
彼のが入ってきたら、もう、私たまらなくて、大きな声だしちゃった・・・
でね、二人ともすぐにイッちゃったの。あんなのはじめて。」
「それでどうしたの?」
「雨、やんで外にでたら男の人が立ってて・・・その人に全部覗かれてたみたい。
恥ずかしいから、それじゃ、なんて名前も聞かないで逃げるように別れちゃたんだけど・・・
その夜、Kにも抱かれたの・・・そしたら昼間のこと思い出しちゃって・・・・
Kは昼間、私があんなHなことしてたなんて知らない・・・
私、いけない女・・・一日のうちに二人の男としちゃうなんて・・・
あなたに話したら怒るかしらなんて・・・気に病んでたのよ、これでも」
Kとの「夫婦生活」を終えて帰宅した女房はよその奥さんみたいにキラキラ輝いていました。
女房を抱こうとするとサラッと身をかわします。ようやくつかまえて押し倒すと
「イヤッ!浮気したら怒られる」
押さえつけて下着を脱がすと、なんと陰毛は坊主頭のようになっていました。
何日か前に毛を剃らせて遊んでいたんです。
「Kとは何回やったんだ!」
「そんなのわかんない。・・・いろんなことして遊んだのよ・・・その内教えてあげる・・・
だって・・・いいんでしょ?・・・あなたなのよ、浮気してもいいよって言ったの」
私は、自分で言いだしたことなのに女房が憎らしく、嫉妬に狂って女房を突きまくりました。
彼女の頭の中にはまだKと山小屋の男の幻影が交差していて、いつまでも気持ちよさそうに泣き叫んでいました。

Kに剃らせた陰毛もショートカットぐらいには生えてきて、彼女は少しずつ落ち着きを取り戻し私の女房に戻ってきました。
私の頭の中は女房がよそのスケベ男たちに抱かれて喜んでいる妄想でいっぱいで、女房のおまんこをいろんな男に見せたいと思っています。
ところが、それが現実となると嫉妬に狂う情けない亭主になってしまいます。

もう今年の夏も終りです。
関連記事

コメント

非公開コメント

ブログランキング参加中!

宜しくお願いしますm(_ _)m

寝取られブログランキング↓
【アダルトブログランキング】

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム