スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦の夜の営みに自信が無くなり嫁を満足させるため巨根の部下に寝取らせた

私には、12歳も年下の嫁がいる。嫁は38歳で、息子が二人もいるのだが、若々しくて美人だと思う。

夫のひいき目かもしれないが、仲間由紀恵によく似た雰囲気の嫁は、実際いまだに町でナンパをされることもあるそうだ。二人の息子が家を出て、二人きりの生活に戻ると、夜の生活が飛躍的に増えた。子供達と同居していた時は、母親の気持ちが強かったのが、同居しなくなったことで解き放たれ、女に戻ったようだ。

由紀恵の方から誘ってきてくれることが多く、男としてとても幸せで誇らしかったのだが、週に2度3度となると、中折れすることが多くなり、期待に応えられなくなっていた。由紀恵は、セクシーな下着を着たり、大人のおもちゃを買ってきて、私に使わせてくれたり、とにかく工夫をしてくれた。だが、歳には勝てず、中折れは避けられなくなっていた。

中折れしないように、早く動くとすぐにイッてしまうし、悪循環だった。そんな中、大きめのディルドを使うようになって、大きなペニスの男に犯される由紀恵を想像するようになっていた。そして、由紀恵にも「大きなチンポでイク!」とか「大きなチンポに抱かれたい!」

などと言わせるようになっていた。それによって、寝取られているところを想像することで、異常なまでに興奮し、中折れしなくなった。由紀恵は、初めのうちは戸惑っていたが、他の男とのセックスを匂わせることで、私が興奮して頑張るので、楽しんでそう言うことを言うようになっていた。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

信じていた妻が簡単に寝取られみたこともない変態な複数プレイをしていた

私は結婚5年目の35歳です。

ある日同僚数人と飲んでいるときお互いの妻の話題になりました。

内容はとてもくだらなく、週何回セックスするとか、結婚する前の男性経験の数などでした。

妻は29歳で私とは職場結婚、当然みんなとも顔見知りです。

皆互いの妻の男性遍歴を話し始めましたが、私の番になり「特に聞いた事がないから知らないぞ」

と答えました。同僚たちはこれで納得しませんでした。

「なんだよ、俺達のカミさんに恥じかかせて、お前はそうやって気取っているのか?」

などと絡み始める始末です。

皆酒が入っているせいか、普段はどうでもいいようなことに突っかかってきます。

最後には私が妻と結婚したのが悪いと言い出す奴もいました。

「じゃあ…こうしないか?」

くどく絡んでくるもう一人の同僚を制してTがこう切り出しました。

「な…なんだよ」

「ミユキちゃん携帯持っているか?」

元同僚だった妻を皆名前で呼び捨てにします。

「ああ、もっているけど」

「それは…あれか?その…カメラ付きか?」

妻が持っている携帯は古い型のもので今のカメラ付き携帯ではありません。

「いいや、普通のやつ」

「じゃあ、お前、ミユキちゃんにカメラ付き携帯を買え!」

「え?」

「え?じゃないだろう~。とりあえず買え」

「買ってもいいけど、それと今の話と何の関係があるんだよ?」

Tは声を低くすると、悪い相談をするときみたいに小さな声でささやき始めました。

内容はこうです。

私が妻にカメラ付き携帯を買い、メールアドレスを同僚に教え、同僚が第三者を装いメール交換をする。

そして、Hメールに反応しなかったり、H写真を送ってこなかったら私の話を信用するというものでした。

私はどうしたものかこのときTのこの馬鹿げた提案を受入れてしまいました。

私の中に実際、妻はそういう状況になったらどういう行動を起こすのか多少の興味もありましたし、妻に限ってHメールの誘いに乗るような軽い女ではないと思っていました。

週末にには携帯を買い、「お前の携帯、だいぶ古いだろう…これ使えよ」といい、新しい携帯を渡しました。

案の定、妻は新しい機械設定はまるでわからず、私にメール等の設定を全て頼んできました。

同僚には、妻の新しいメアドを教えました。

「お~お前もノリノリだな!」

Tはうれしそうに登録しています。

「ノリノリって、大体おかしいって…いきなり知らないやつからメールくるんだぜ、普通は削除するだろう」

「ま、普通はな…」

「普通って…うちのミユキは普通じゃないっていうのか?」

「まあまあ、そんなに熱くなるなって。ミユキちゃんみたいな普通のおとなしい感じの人妻ほど、引っかかるんだって」

登録を終え、携帯をポケットにしまうと

「んじゃ、営業行って来るわ…結果は逐一教えるから心配するな」

と部屋を出て行きました。

それから数週間、妻にもTにも特に変った様子もなく、私もどうせ失敗したんだろう…くらいに思い特に気にならなくなってきました。

1ヶ月半くらいたった時、自宅にいる私にメールが着信しました。

私にメールが来る事自体が珍しく、私はこのときもしかして…と思い、いそいで携帯を見ました。

妻は今日同窓会があって午後から家を空けています。

写メールには女性のセルフ撮り写真が写っていました。

顔は見切れていて、足をM字に開き自らオマ○コの小陰唇を2本の指で広げ、ピンクの内部を晒している写真です。(ま、まさか…これはミユキ?)

体つき、写真の背景、どこをとってもこの被写体は妻であると確信させるには十分すぎるものでした。

呆然としている私をこちらの世界に戻すかのように携帯の着信音が鳴りました。

続きを読む

ブログランキング参加中!

宜しくお願いしますm(_ _)m

寝取られブログランキング↓

アダルトブログランキングへ

検索フォーム

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。