スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人と彼女を交換した初めてのスワッピング

俺が彼女と付き合って3年目、セックスもマンネリしだし刺激が欲しい頃だった。
そんな時に友達から呑みに行こうとの誘いが…どうやら彼女に浮気されたらしいが、別れたくはないらしい。
彼女は浮気相手は切り、友達1人に絞ったが、戒めさせるために仕返しをするか悩んでいたみたい。
けど友達は浮気相手も簡単には見つからないらしいし、見つけたところで彼女に見せつけてやらないと気がすまない。
…けど実際に浮気をしたら彼女から別れを切り出されると困ると言った。
そんなときに俺との思惑が一致し、俺の彼女に協力を仰ぎ、俺の彼女と友達が仲良くして嫉妬させよう作戦をやる事になった。
1度友達の彼女を除いた3人で呑みながら打ち合わせ。
その時から練習だと彼女を友達にベタベタさせてみた。
彼女もマンネリは感じていたのか意外と乗り気で楽しかったみたい。
友達もフリなのか本気なのか結構デレデレ!
マンネリだった俺もそれを見てると、妙に興奮し始めたw

そして本番!
4人で海に行った。
彼女同士は初対面。
彼女を比較するとまるで正反対。
俺の彼女は168くらいあってDカップでちょっときつい感じ。
けど友達の彼女は154センチらしくちょっとぽっちゃりなのだがあんまり胸はない幼児体型気味のほんわかタイプ。
とても浮気するようには見えなかった。
海の時から俺の彼女と友達はボディタッチなども含めながら仲良い感じをアピール。
友達の彼女がどう思っているかはわからなかったが…その夜は友達の家で宅呑みを開催。
昼間の疲れもあってかみんな結構酔いが回るのが早かった。
前回と同じだが酔ってからはもうフリなのか本気なのかはわからないくらい彼女と友達もベタベタ。
すると友達彼女がさすがに見ていられないと感じたのかコンビニへ。
俺はすかさず付いていく。
友達彼女は開口一番に
「いつもあんな感じなんですか?」
効果ありか?と思い、
「まあ意外とそうかも…」
とか言った。
友達彼女は十分嫉妬してるみたいだし俺は友達にメールをして伝えてやった。
しかし返事はなかった。

買い物から帰り玄関を入ると彼女と友達は二人で何食わぬ顔をしてテレビを見ていた。
俺は友達に買い物して汗をかいたからシャワーを借りたいと言い、タオルなどを借りるついでに友達を呼び友達彼女の状況を伝えた。
そして彼女に
「一緒に入ろうぜ(笑)」
と言い友達らカップルを二人にしてやる事に。
とはいえ本当のところは彼女への事情聴取。
友達は
「スケベな事して汚すなよ(笑)」
と笑った。
二人でシャワーを浴びていると彼女は
「友達彼女はどうだった?」
となんだかちょっと焦りながら聞いてきた。
俺はざっと説明し
「お前らは何してた?」
と聞くと
「普通にテレビ見てたよ?」
と返してきた。
しかし多分そんな事はない。
「あいつおっぱい触ったりしてこなかったか?(笑)お前のおっぱい気になってたみたいだし!(笑)」
と笑うと
「バカじゃないの(笑)!?!」
と言いきった。
「ほんとはちょっと触られた?!」
と笑いながら聞くと彼女は
「ないない!」
と言うが、明らかに怪しい。
結局何をしてたかは分からずじまいだった。
最後の一押しでもう少し作戦実行してみよう。
と彼女と話し…
シャワー後も彼女と友達をベタベタさせた。
そこで俺が最後で最大の仕掛けを。

彼女がトイレに立ち上がろうとした時にちょっと押すと彼女が友達にもたれ掛かるように倒れた。
その際彼女を支えようとした友達の手が胸に!俺は
「おいおい!人の彼女のおっぱい触るなよ(笑)」
と笑うと友達は
「わざとじゃないんだよ!…でもありがと!おっきくて柔らかかった」
と笑った。
すると彼女が友達に
「あたしが悪いのにごめんね」
と言い、さらに友達彼女にも謝ると友達彼女は明らかに不機嫌に
「おっきいおっぱい触れて良かったね!」
と言い放ち、そこから酒のペースがさらにあがった。
そして友達彼女が最初にふて寝混じりに泥酔。
友達彼女は元々酒は強い方じゃなかったみたい。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

初めてスワッピングに挑戦しました。

42歳と40歳の夫婦です。
先日初めてスワッピングに挑戦しました。
ホテルに別々に部屋を取り、まず4人でいっしょに風呂に入りました。

私の妻はぽっちゃり色白、相手の奥さんは32歳スレンダー美人。
私はやせ気味でご主人は46歳のがっちりスポーツマンタイプでした。

相手はスワップ歴3年のベテランでした。

妻の前で堂々とペニスを出し

「いやぁー奥さんは色白で美人だなー今日はたっぷり可愛がらせてください。」

と平然というご主人のペニスは少しずつ勃起してきていました。

私は今からあのペニスに妻が貫かれるのだと思うと奥さんと会話するどころではありませんでした。
妻はご主人におっぱいを触られたりしながらきゃっきゃっとはしゃいでいました。

すでにご主人のペニスは天を向き妻はそれを触ったり、こすったりしながら

「すごーい」と顔を赤らめていました。

その光景が気が気でない私に、奥さんが気を使ってか

「そろそろ、部屋にいきましょうよ」

とそれぞれの部屋に浴衣を着て行きました。

奥さんの丁寧な愛撫でやっと勃起してきた私ですが、妻の事を想像すると又萎えてきました。

「気になるんでしょ、なんなら隣を覗いてみるといいわよ。吹っ切れるから」

その言葉を聞き、私は隣の部屋のドアを開けました。

続きを読む

夫婦交換して他人の旦那さんに抱かれてしまった

夫が転勤したとき、夫の道場の先輩のお宅へ挨拶に連れて行かれました。
先輩は39歳、奥様は34歳、某貴金属大手の特約店を経営しておりました。
お子さまは全寮制の学校に入って夫婦お二人だけの静かなたたずまいでした。
奥様は和服の似合う素敵な大和なでしこ風情で私もすぐに好きになってしまいました。
私達は24歳と28歳の仲良し夫婦です。
週末によく呼ばれるようになり何度もお食事の席に招かれるようになり、私も料理や家事をお手伝いするようになりました。
奥様も私同様、両親を亡くされた似たもの同志ということからか姉、妹の様に親しくなっていました。
奥様と二人の時、仲良しの秘訣や寝屋の秘め事の様子などを語り合うことも屡々。
あるとき、「旦那は悠子(私)さんにメロメロなのよ」「家の人、奥様の清楚な和服姿にほれぼれしています」などと話し合っていました。
夫はセックスの時など奥様のことに触れると、急に勃起の硬度が増すことが見られるようになりました。
こんな事が多くなるにつれて、夫の恋人があの奥様なら許せるかも、と何となく考えるようになってきました。
その頃、夫と旦那様もお酒の席で似たような話題が出ていたことは後で分かりました。
ある夜、セックスに耽っているとき、夫から言われました。
「先輩夫婦と夫婦チェンジして付き合ってみないか」よくよく聞いてみると、あちらのご夫婦も本気で考えているようでした。
素敵な旦那様だし、興味がなかったと言えばウソになります。
何度か説得されているうちに曖昧ながら「はい」と言ってしまいました。
次の週末、夫婦でお食事に誘われて出向きました。
あるいは、今夜にでも・・・不安を抱きながら。
お食事とお酒をいただき、かなり酔いが回った頃、旦那達に続いて、奥様と私が一緒にお風呂に入りました。
奥様は私の身体を抱きしめて「承諾してくれて有り難う、私達も何度も話し合いしたのよ」と・・・
お風呂を出て浴衣姿で居間に入ると突然、旦那様に抱きしめられました。
数分抱き合った後ディープキスをされました。
夫も奥様を立ったまま抱合っていました。
そして、隣の寝室になだれ込んでいきました。
どうしたらいいのか戸惑っているうちにボオーとしてきました。
やっと「お父さんいいの」とだけ言えました。
「安心して任せるのだよ」唇、胸にキスの雨、クリへの愛撫・・・間もなく両脚を持ち上げ曲げられ、いきなり入ってきました。
奥まで届いたとき、
「奥さん、今日の日を待っていました。好きでたまらないんだ」と激しくキスをしてきました。
夫以外の初めての男性に抱かれているんだなあ・・
と、とにかく夢中でした。
夫のように激しくはなく、15歳差のセックスのベテランなのか、私の身体を包み込むようなゆっくりとした優しい動きが続きました。
身体全体が痺れたような感じに続いて次第に気持ちよくなってきました。
次第にピストン運動は激しくなり私も逝くような感じに襲われ、身体が自然にねじるようにくねらせていました。
旦那様の動きは一層激しくなり勃起も増してきたようです。
自然に手が伸びて旦那様の臀部を引きつけました。
そのとき、「ウウン、我慢できない、出すよ、ウウウウ・・・」と膣の奥に熱い精液をクグー、クグーと力強く噴出してくれました。
やや暫く快感と陶酔の時間が・・・
夫と奥様は私達の全てをじっくりと観察していたそうです。
そのあと、夫と奥様のセックスが始まりました。
28歳と34歳、お互い若い身体をぶつけ合いながら激しい交わり。
情熱的なキス、大きく勃起したペニスを押し込んでいくときの二人の姿、激しい運動、そして射精・・・いずれも頭の奥底にしっかりと記憶されていきました。
不思議なことに嫉妬心は感じませんでした。
その夜、入れ替わったまま同室で過ごしました。
私達は3度交わりました。
夫達は4度交わったそうです。

真面目な妻に「一度でいいから・・・」と乱交をお願いした。

長年、妻を他人に抱かせたい願望がありました。
もちろん了解してもらえるはずもありません。
ただ日々が過ぎていきました。

決してエッチが嫌いな方ではないのですが、真面目な妻ですので、
なかなか了解してもらえなかったのです。

「一度でいいから・・・」とお願いしていたのに根負けしたのか
「そんなに言うなら一度だけよ!」と遂に了解してくれたのです。

先日、私達夫婦を交え、もう一組のご夫婦、単独男性一人を交えての、
衝撃的なプレイを初めて体験しました。

色白で、豊満な妻の肉体はアラフォーですが相当魅力的だと思います。
妻にとっては、私以外の男性経験はないようでした。
当然複数のプレイなど、このような刺激は初めての体験なのです。

最初は私とお相手の奥さん、
妻と二人の男性と言う形で進んで行くことになりました。

お相手の奥さんがとてもステキな方でした。
妻とは正反対のスレンダーな肉体の持ち主です。
ちょっと肌が黒めのアラサー世代です。
正直とてもラッキーという感じで、
やや自分のことで興奮していました。

妻の方はと言うと初めての3P体験という事もあり、
最初は淡々と、と言う感じだったようでした。

二人の男性に愛撫されているうちに、徐々に妻の声も高鳴って行くようでした。
意外でもあり、不思議な興奮を感じていました。

やがて、私の心も気もそぞろという感じで、
せっかくステキな奥さんとのプレイも集中出来ません。
あんなに期待していたのに、本番を迎えると、理性的な自分がそこにはいたのです。

一人の男性にフェラさせられながら、
もう一人に大きく脚を開かされクンニされる妻。
嫉妬と興奮、なんともいえない不思議な興奮の状況でした。
妻の顔も徐々にピンク色に染まり始めます。
徐々に顔の相も緊張から興奮の目つきに変わってきているようでした。

正直、妻への愛しさが入り交じり、複雑な興奮感でいっぱいでした。
そんな私の気持ちを察したのか、手、口で私のモノを相手の奥さんは愛撫しながら、

「どぅ、自分の奥さんが他の男性に感じて行く姿は?」とか
「そろそろ本当に奥さんやられちゃうよ」とか

少しサディスティックに私を責めたてます。
しばらくすると隣りでは一人の男性が妻の上に乗り抱きしめていました。
その声は小さな声でした。

「アッ、アッ、ア・アァ~ン」

なんともいえない妻の声が聞こえてきました。
初めての男性に抱かれて感じている妻、
男性の動きに合せ、妻のあの声も徐々に高鳴っていくのです。

フェラさせていた男性が唇を求めると、
なんと、まるで恋人同士のように、
男性の首に手を回し、舌を絡ませながら抱かれていきます。
そして、ついには挿入です・・・

「はあぁぁ~ん・・・あぁ~ん・・・だめぇ~~・・・」

クチョ、クチョ、クチョ、となんとも言えない卑猥な音が耳につきます。

「あぁ~、ダメダメダメぇ~・・・いくいくいく~~」

遂に他の男性に抱かれ、激しく絶頂を迎えます。
一人の男性がイクと自然なごとくに次の男性に抱かれ始めました。

その後の妻からは、私の見たことの無いまぶしくも艶めかしい
魅惑的な女でした。
すごく、興奮してしまいました。

家に帰って妻を激しく抱いたのは言うまでもありません。

「またシテみたい?」と妻に尋ねると恥ずかしそうに無言で頷くのです。
こんなに可愛らしい一面があるなんて、感激と興奮が入り乱れます。

「ごめんなさい、すご~く感じちゃったの」と顔を赤らめながら答える妻。
次の計画は・・・と心の中で考える反面、
ものスゴ~イ嫉妬感、とても複雑な興奮です。

家に帰って来てからは何度も妻を激しく抱き、
妻もまたそれに素直に答えてくれました。

私の目の前で他の男性に抱かれ感じて行く姿、
前後から二人の男性に責められ男の”かわいいオモチャ”のようにされた妻、
激しくアソコをクンニされ、

「おまんこ、きもちいいの~」

と卑猥な言葉を我を忘れて叫んだ妻。
いろいろな記憶が私の頭の中に甦り、
私の頭は興奮と屈辱と混乱でグチャグチャになりました。

妻に「また、あれややろうね?」と聞くと、
恥ずかしそうに「うん」と答えてくれました。

お互いの妻たちにだまされスワッピング

7月に妻(31歳)と友人Yの夫婦で旅行に行った話です。

久しぶり4人の旅行だったので、妻も楽しみにしていました。

旅行当日まで私たちは入念に計画を立て出発しました。

買い物をしている最中妻が暑いからといって羽織っていたカーディガンを取りました。

一緒に歩いていると周りの人の目線が妻とYの妻に行っているのが見えてきました。

不思議に思って2人を見たらノーブラ・・・

妻にそっと教えると

「いいじゃん。見られてるほうがいい。パンツも穿いてないよ。K(友人の妻)も同じだよ」と・・・

少し短めのスカートを穿いていた妻たちは普通に歩いていました。

夕方になり買い物も終わって旅館に移動している車の中で私はそっと妻のあそこを触りました。

すると、、、ツルツルになったあそこでした。

しかもビショビショ。

妻は「今日のために剃ったんだよ。もっと触って」と。

運転中の私は我慢して「運転中だからあとで」と言いました。

旅館について部屋に案内されました。

夕食はYの部屋で食べることになりました。

豪華な会席料理で4人ともいい具合に酒が回ってきたところ、夫婦生活の話になりました。

私たちは週に2回、Y夫婦は週3回などいろんな話しで盛り上がっていました。

私とYはかなり酔っていたのでしょう、眠りかけていました。

すると妻たちが行動に出ました。

私とYは妻たちに浴衣の帯で手を縛られ、アイマスクを付けられました。

朦朧として何も見えなくなった私の顔に胸があたりました。

妻の声で「舐めて」

私は妻だと思い、胸を舐めたり噛んだりしました。

傍にいたYにもKの声で「舐めて」というのが聞こえました。

しばらくして、

妻が「下もして」といいあそこを顔の前にもってきました。

私は舐めた瞬間おかしいことに気づきました。

妻にはないあそこの毛があることに。

一瞬止まった私は隣から聞こえてくる妻の感じる声が聞こえてきました。

Kが私の上に乗っていました。

私はそのままKのあそこを舐めました。

Kは腰をくねらせ私の顔いっぱいに愛液をつけました。

Kは私の体中を舐めまわしあそこをくわえ始めました。

Kが私のあそこを挿入したときアイマスクを取られました。

隣を見ると妻もYのあそこを挿入しているところでした。

妻が感じている姿を見て私は興奮し、Kをしたから何度も突き上げました。

妻同士が感じ始めたら帯びを取ってもらいました。

私はYに了解を得てそのままKを私の部屋に連れて行きました。

私とKは抱き合いキスから始めました。

お互い新鮮な気持ちになったのでしょう。

最近妻とはなかった濃厚なキスでした。

Kは胸やあそこを触られたり、舐められたりするとビクッと体を震わせていました。

Kもわたしの体をビショビショになるくらい舐めてくれました。

わたしがKのあそこを刺激してると体をそらし大量の潮をふきました。

Kは体をビクつかせながら「ゴメン・・・布団どうしよう・・・」

私は「いいよ」と気にせずKの中に挿入しました。

子供がいないKは締りがよく、あそこが締め付けられるのが分かりました。

2人で一緒に果て抱き合っていると部屋の電話が鳴りました。

Yからでした「終わった?飲みなおそう。」

また4人で飲み始めました。

そのとき分かったのですが、このことは旅行が決まってすぐに妻同士が話し合っていたそうです。

部屋に帰り私は狂ったように妻を抱きました。

今度の冬また4人で旅行を予定しています。

実は密かに妻たちの企みを楽しみにしてます。

ブログランキング参加中!

宜しくお願いしますm(_ _)m

寝取られブログランキング↓

アダルトブログランキングへ

検索フォーム

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。